記事一覧

珈琲店を巡る旅 ー 札幌・RANBAN ー

北海道に来ました。

雪がいっぱい降ってます。ちゃんと六角形したかわいいヤツ。肩や腕にとまっては消えてくので、キレイなのを見逃さないようにじっとみてました。

さてさて、札幌一軒め。

『CAFE RANBAN』

以前北海道のカフェで働いていて、今はトーキョーで修行中の方がオススメしてくれたお店。


メニューにのってる珈琲はストレートも合わせて7.8種。みて悩んでいると、品の良い女性が、ショーケースに他にも豆があると教えてくれました。

見に行くと、パナマのゲイシャやコピルアク、マウイモカなど飲んでみたい豆が盛りだくさん!!散々迷ってマウイモカに決めました。
すると、深煎りとソフトがあると言われ、また迷いソフトに。

マウイモカは以前、京都のオオヤコーヒの深煎りをいただいたことがあって、感銘を受けた珈琲なのです。まさに記憶に残る珈琲。
深煎りなのにしっかりと香ってくるモカの風味。とろっとしたナチュラルならではの質感と濃い甘みがたまらなく美味しい豆でした。

ランバンのマウイモカは、酸味が優しくてそれがキレイな甘みに還元された、ふわっと香る珈琲でした。

もう少し濃く飲めたら、もっと味の輪郭を掴めたかなと思います。最近、某焙煎家と話した、飲む珈琲ではなくたしなむことのできる珈琲。デミタスで抽出したときの美味しさを想像できる、美しい味の珈琲でした。


珈琲の味をしっかりと感じるために、飲む前に炭酸水を勧められました。

舌がフラットになるみたいです。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toco03

Author:toco03
小さな手造りの焙煎機で、少しずつ丁寧に焙煎しております。
よろしくお願いします。